スポーツジムを自宅に。健康寿命伸ばすセキスイハイムの新リフォーム

画像引用元:セキスイハイム

画像引用元:セキスイハイム

積水化学工業(東京・港区)は6月より、セントラルスポーツ(東京・中央区)と「健康寿命を延ばすためのリフォーム」で協業する。この協業で、セントラルスポーツのノウハウを活用し『どのように健康寿命を延ばすか』にまで踏み込んだ住空間リフォームを提案する。主に60代をターゲットとしている。詳細は以下。

1.屋内の狭小空間でも気軽に運動ができる提案
(1)「うちジム」(2畳タイプ)
マンションなどの狭い空間でも日常動作を改善するエクササイズが行える仕組みを組み込む。
(2)「うちジムキューブ」(2坪タイプ)
3,600mm×2,200mmの約2坪の空間に、目的別に3タイプの空間を提案。身体づくりを主目的にマシンや様々な用具を利用して運動する空間、孫と祖父母の交流の機会となり得るボルダリングが出来る壁を設置し、動き作りを主目的にした空間、フラダンスやストレッチなど、リラックスや癒しをテーマとした空間を用意。
2.庭を運動習慣の場として活用する「そとジム」(庭)の提案
戸建て住宅向けの提案。敷地を構成する様々な場所で、バランス感覚や脚筋力の向上、転倒予防、肩こりや姿勢の改善等の効果が得られ、かつ植栽も楽しめる様々な工夫を凝らしている。自身の筋力が向上したことをチェック出来る仕組みも用意。
3.継続した運動習慣を獲得するためのフォローアップ策の提供
リフォーム後も運動を継続しやすくするために、セントラルスポーツにより、以下の運動習慣獲得のサポートを実施。
(1)自宅でできる各種レッスンプログラムの動画提供
(2)定期的なトレーニングアドバイスを行うためのセントラルスポーツ施設の利用券提供

(引用元:積水化学)

シェアする

一緒に読まれている記事