目の美容新基準 新商品・サービスの登場に期待

メディアでも近年取り上げられている、目の美容新基準が「白目の美白」。白目のホワイトニングとも言われており、充血によりくすんでいる白目や、黄色がかった白目をきれいな白色にケアする。白目部分が黄ばんでいると老けて見えるため、白目の美白はエイジング対策として捉えられている。

すでに女性の間で定番ケアとなっている肌の美白や歯のホワイトニングと比較すると、白目の美白は広く浸透しているとは言えないが、取り上げるメディアは増えており、今後、目の美容新基準として広まる可能性は高い。

40代向けビューティー誌の美ST9月号p.124~125では、白目を白くする方法を紹介している。同誌によると白目が濁る理由は「紫外線」「目の疲れ」「ドライアイ」「肝機能の低下」「加齢」だという。白目を白くする眼薬は以前よりあるが、目薬以外からもアプローチする商品やサービスは今後の新たなニーズをつかめるかもしれない。

【編集部おすすめ記事】

30代で増え始めている眼の病気とは?
50~60代が目の不調改善のために行っていることランキング
飽きさせない工夫満載!大反響の眼トレは継続させる仕掛けが参考になる
疲れ目症状ランキング 10代でもスマホ老眼が急増
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事