疲れ目症状ランキング 10代でもスマホ老眼が急増 

「老眼は40代以降から」という認識は見直すべきかもしれない。スマホやパソコンの長時間利用により10~20代でも老眼の症状が現れているという。

ファンケルが行った調査(20〜40代男女10,061名)によると目の疲れを感じる人は86.2%、そのうちスマホやパソコンによる疲れを自覚しているのは56.4%であることが分かった。スマホ世代に急増するスマホ老眼、疲れ目の症状ランキングはこちら。

  1. 目がしょぼしょぼする(58.6%)
  2. 目が乾く(48.6%)
  3. 目がかすむ(40.3%)
  4. 肩がこる(38.5%)
  5. 目が重く感じる(37.7%)
  6. 頭痛がする(29.3%)
  7. 目が痛む(24.2%)
  8. 吐き気がする(6.5%)
  9. その他(0.9%)

スマホ老眼と老眼の違いとは?
「老眼」と「スマホ老眼」は、症状は良く似ていますが、原因は異なります。「老眼」は、加齢とともに目の水晶体が硬くなることで起こります。一方で、「スマホ老眼」は、年齢は若いので目の水晶体はやわらかい状態です。目の酷使により、水晶体を動かす毛様体筋(筋肉)がこりかたまることで起こります。(引用:FANCL)

<編集部おすすめ記事>
飽きさせない工夫満載!大反響の眼トレは継続させる仕掛けが参考になる
高まる女性のアイケアニーズ 店舗サービス事例5
【閲覧注意】眼球タトゥーが海外で人気 目の異常の症例報告も
女性のメイクトレンド 主役は「目」から他パーツへ
健康食品を購入する目的は?日本女性と中国女性の違い
【保存版】2017年度ヘルスケア啓発イベント一覧(2017年10月~2018年3月)

女性生活者の調査レポート