30代で増え始めている眼の病気とは?

日系ヘルス8月号p.112(日経BP社)によると、若年性白内障が30代で増えてきているという。白内障とは水晶体が白く濁って視力が低下する病気のことで、眼がかすむようになったり、まぶしさを感じるようになる。白内障はシニアの病気というイメージが強いが、ネット上には30代にして白内障手術を受けた患者によるブログ投稿やQ&A投稿が多数見られる。

 


【編集部おすすめ記事】

50~60代が目の不調改善のために行っていることランキング
疲れ目症状ランキング 10代でもスマホ老眼が急増
飽きさせない工夫満載!大反響の眼トレは継続させる仕掛けが参考になる
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

女性生活者の調査レポート