自助努力を求める健康ゴールド免許案 小泉氏ら提言で賛否両論

定期検診などで健康管理に努めた人を対象に、医療保険の自己負担を3割から2割に引き下げる「健康ゴールド免許」導入に関する施策を小泉進次郎氏らが提言した。自助努力を求める健康ゴールド免許案に対し、ネット上では「インセンティブで健康管理を促すのは現実的だ」という賛成の声がある一方で、「健康管理をしたかどうかを第3者が判断するのはおかしい」「健診受診にはお金がかかる。お金ない人にとってはきつい」など反対の声もあり、賛否両論だ。

関連記事
■「人工透析患者は殺せ!」で大炎上!から考える企業に不足していること
■人口増の11市町村は「子供の医療費軽減」に積極的
■【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ
■【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ

一緒に読まれている記事