30~50代女性の「しわ・たるみ」対策方法TOP10

美容意識の高い30~50代女性の「しわ・たるみ」が気になる部位のTOP5(ガルデルマ株式会社調べ)

  1. ほうれい線…53.8%
  2. 目尻・目元のしわ…14.8%
  3. 頬のしわ・たるみ…8.3%
  4. おでこのしわ…7.2%
  5. 目の下の溝…6.9%

女性誌や美容系webサイトなどでも、顔の老化のサインやその対策法などで度々取り上げているのがほうれい線だが、今回のアンケートでも約半数の女性がほうれい線を気にしているという結果になった。

現在行っているしわ・たるみ対策

 

ウーマンズラボ女性の悩み1

画像:ガルデルマ株式会社

  1. 紫外線を避ける
  2. 乾燥を避ける
  3. 栄養バランスを考えた食事
  4. サプリメントの服用
  5. 丁寧な洗顔
  6. マッサージ・エクササイズ
  7. 十分な睡眠
  8. 過労・ストレスを避ける
  9. しわ・たるみ用スキンケア用品の使用
  10. 顔の筋肉を鍛える

 

女性が常に気にかけている「紫外線対策」と「乾燥」はやはりトップに入っている。それ以外で注目したいのが、3位、6位、7位、8位。食事や運動、睡眠、疲労、ストレスなど、しわやたるみを化粧品だけに頼らずに、日々の生活の中でできることで対策をしている女性の行動が見えてくる。実際に、食事、運動、睡眠、ストレスなどは女性の美容面にダイレクトに影響することは、女性自身が日々の生活の中で実感していること。情報の充実もあり、重要性を理解している人が増えてきている。

しわやたるみの予防や対策というと化粧品や美容医療を連想しがちだが、寝具関連やフィットネス、リラクゼーションサービスや商品でも「しわやたるみの予防や対策に!」という視点から女性にアピールできそうだ。

関連記事
■女性が見られたい年齢は、実年齢マイナス何歳?
■史上初!「シワ改善の医薬部外品」に女性の期待大!
■40代女性の心を捉えたのはどれ? コスメ大賞 例年と異なる傾向
■50代女性のエイジング対策ニーズは「印象操作」
■「年齢がばれると思うパーツ3つ」から考えるビジネスチャンス
■化粧品市場規模2兆円から考える、女性の心を掴むコスメ戦略