世界初、自動調光型コンタクトレンズ

光の量を自動で調整できるコンタクトレンズが、先月、ジョンソン・エンド・ジョンソンより発売開始された。光に反応する調光剤(フォトクロミック分子)をコンタクトレンズに組み込んでいて、光が少ないとコンタクトレンズの色が薄くなり、光が多いとコンタクトレンズの色が濃くなる。

出典:ジョンソン・エンド・ジョンソン

朝の通勤・通学、パソコンやスマホの画面、すれ違う車のヘッドライトなど、知らない間に日常生活の様々な場面で光がストレスになっていることに対応した。構想から誕生までに10年以上を要したとのこと。

以前から、メガネのカラー濃度を自動で調整する「調光メガネ(以下動画)」はあったが、自動調光を可能としたコンタクトレンズは世界初となる。

 

【編集部おすすめ記事】
スマホ普及でアイケア 注目の市場
年齢階級別スマホ・パソコンの使用時間、10歳〜75歳以上
女性たちのセルフメンテナンス 心と身体編
白内障による両眼失明者1,800万人 失明者減少を目指すプロジェクトで経済効果も
図で理解するネット・携帯電話・スマホ関連サービスの変遷

新着ニュース