年齢階級別スマホ・パソコンの使用時間、10歳〜75歳以上

子どもから高齢者までスマホ・パソコンが広く普及してきているが、使用時間については年齢によって大きな開きがある。

平成28年社会生活基本調査によると、10〜75歳以上の男女のスマホ・パソコンの使用割合は約6割で、1週間の使用時間で最も割合が高いのは1〜3時間未満(39.0%)。使用時間についてさらに年齢階級別に見ると、15歳〜29歳の使用時間が長く、年齢の上昇とともに使用時間が短くなっている。特に使用時間が長いのは20代前半で、男女ともに6時間以上/週が約25%を占めている。50代以上では約半数が1時間未満/週。

 

【編集部おすすめ記事】
離脱させないHPデザイン スマホ用とPC用 何を変えるべき?
スマホ・PC・メディア 長時間接触するのはどこの人?都道府県ランキング
2018年のヘルスケアトレンド(健康・美容・予防医療)
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事