女性マーケティング戦略で「女性客を増やす」考え方

消費全体の8割に関与する女性の消費パワーは「働く女性/未婚女性/長寿女性の増加」により年々高まっており、女性客を獲得・ファン化させることによる売り上げ増の伸びしろは非常に大きい。女性市場は数少ない成長市場の一つとして今、期待されている。

女性市場の成長は世界でも期待

女性による消費、ウーマン・エコノミーの規模は、全世界の消費の64%を占めるほどになっている。今後の成長を秘めた数少ないポケットとして新興国に注目する人も多いが、BRICs諸国の市場を足し合わせても、女性市場のビジネスチャンスには遠く及ばない。日本が今日、低い経済成長性に苦しみ、市場の成熟、出生率の低さ、低迷する国内経済などの問題に頭を悩ませているのは確かだが、イノベーションと女性消費者への深い理解と情熱をもってすれば、世界で一番難しい消費者マーケットといわれる日本はチャンスを世界中に広げることができる。引用:ウーマンエコノミー世界の消費は女性が支配する ボストンコンサルティンググループ

様々な企業様の女性マーケティング支援をお手伝いさせて頂いている、弊社ウーマンズの手法を以下にご紹介。ぜひ読者の皆様にもお役立ていただきたい。

売上・反応が想定以下だったら「女性視点」で見直す

多くの企業では売上や新施策の反応が想定以下だった場合、「価格が高かった/販促費が不十分だった/クリエイティブの問題」などにその原因を見出しがちだ。

女性マーケティングで戦略を考える

しかし、そのように考える前に「女性マーケティング視点」で売上・反応が想定以下だった原因を見出すようにしてみてはどうだろう?なぜなら、消費の8割(※)に女性が関与しているというシンプルな事実があるからだ。(※)市場全体の消費の8割に女性が関与しているという根拠は様々な企業の調査結果で明らかになっているためこちらでは詳細は割愛

女性マーケティングで戦略を考える

 

ターゲットを女性に設定しているにも関わらず、「ターゲットである女性そのもの(消費行動の特徴・トレンド・ニーズ・価値観など)」を理解しようとする企業はいまだ少なく、「クリエイティブの問題」「価格が高かった」「競合製品の方が魅力的だから」と他要因にフォーカスしがちだ。ターゲットが女性なら、問題を複雑に考えるのではなくシンプルにまずは「女性消費者を理解する」、つまり「女性マーケティング視点」で戦略の見直し・設計を考えてみてはどうだろう?今までは見えてこなかった部分、つまり女性市場ならではの問題や改善点がスムーズに見えてくるケースは実に多い。

「女性マーケティング」とはつまり何?

ここで多くの方が疑問に感じるのは「女性マーケティングとは一体何なのか?」ということだと思うが、会議の場で女性が「私はこう思います」と発言すれば、それがいわゆる「女性視点」としての意見、つまり「女性マーケティングで戦略を考えた」ということになるわけではない。

女性マーケティングとは、女性視点でマーケティング戦略を考えていくことだが、女性視点で考えるというのは「女性ならではの生き方の多様化、価値観の変化(ライフコース)」を理解し、その都度どのようなニーズや不満、悩みが生まれるか?変化するのか?ということを考慮して戦略設計を行うことを指す。

ライフコース視点が重要

女性視点でマーケティング戦略を設計する、というのは「そのとき、ターゲット女性の人生に何が起きているか?」という点を最も重視するという考え方であり、この部分をどれだけ戦略に落とし込んでいるか?で女性の「買う・買わない」が決まる。

新着ニュース