ワーママの健康美容行動

「買い物客が店員に求めることは?」自分の方が店員より知識ある 半数が回答

実店舗に対する意識調査で、買い物客が店員に求めることが何か?が分かった(参照:マンハッタン・アソシエイツ株式会社  「実店舗およびオンラインショッピングに対する意識調査」2017)

「店員よりも自分の方が知識がある」と感じたか?に半数がYES

買い物の際、店員よりも自分の方が商品の性能・スペック、価格、おすすめのポイントなどに関する知識を持っている、と感じたことがある消費者が約半数だった。

店員に求める情報は何か?

消費者が店員に求めることは、約半数の44%が「商品に関するアドバイス」だった。

人との過剰な関わりを避けたい現代人にとって、ネット通販は「過剰接客をされるストレスがない」「店員と話す面倒が省ける」点に利点を見出すが、一方で、この調査からは、「実店舗を利用する際は、店員ならではのプロとしての情報を提供してほしい」というニーズが見えてくる。

声かけ不要バックなど、接客の加減は今後の課題

「過剰接客されるのは面倒。だけどプロの情報が欲しい」。このさじ加減は難しいところだが、セレクトショップのアーバンリサーチが2017年5月に試験導入して話題となっている声掛け不要バッグは、「接客の調整方法」の参考になるかもしれない。声掛け不要バッグとは、店頭に置いているブルーの専用バックのことで、客がこのバックを手に持ち店内で買い物をしている場合は、「接客は不要です」という意思表示をしていることになる。

店員は客が求めたときだけ接客をするため、客はゆっくり自分のペースで買い物ができる。ネットにはないリアル店舗だからこそできる魅力を活かしつつ、客の接客ニーズにどれくらいの加減で対応するか。実店舗の今後の課題となりそうだ。

<編集部おすすめ記事>
二度と行きたくない!と女性が思うお店の3つの共通点
接客業の企業に知ってほしい 聴覚障害者「唇を見せて…」
化粧品、ネット販売と対面販売 女性はどちらを好む?
2カ月先まで予約できない!女性に大人気の美容室「モテ髪師」の差別化戦略
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

女性生活者の調査レポート