がん検診 何が改善されれば受診したい?

がん検診の受診頻度について、約7割の人が「1年に1回以上」受診するべきと回答しているものの、実際に受診している頻度については約4割の人が「全く受診していない」と回答しており、理解と実際の行動にはギャップがることが、味の素の「がんの予防意識に関する調査」で分かった。(味の素株式会社  「全国8,564人に聞いた「がん予防」に関する意識調査」2017)

では、がん検診は何が改善されれば受診したいと思うのか?次のような回答となった(複数回答)。

    • 金額(70.5%)
    • 受診までの手間(41.4%)
    • 所要時間(37.0%)
    • 受診可能な施設数(25.5%)
    • 侵襲性(検査を受けることによる身体への負担)23.4%
    • 受診時間(夜間・休日の受診など)20.4%

 

【編集部おすすめ記事】
年々注目度上がるヘアドネーション 人気タレントの影響大
OTC医薬品、医療控除制度、医療費…よく分からない女性が多すぎる!企業はもっと情報発信を!
今住む地域で感じる、医療と介護の不安
フットケアも美容と医療の融合へ「ポディアトリスト」とは
安心して死ねるように…36歳医師の在宅医療革命
患者が治療を中断する3つの理由 医療ICTに関する意識調査結果

女性生活者の調査レポート