変化する日本の世帯事情 急速に減少する世帯主29歳以下は何%?

厚生労働省が先日公表した「家計所得の分析に関する報告書」では、国内における世帯主の割合の年次推移を年齢階級別にまとめている。それを見ると、「世帯主が60歳以上」の割合は年々増加し、2015年は全世帯の半分を占めていることがわかる。一方、「世帯主が 29 歳以下」は 1986 年に 11.2%であったが 2015 年には 5.7%に減少。少子高齢化が急速に進んでいる様子がわかる。

画像:厚生労働省「家計所得の分析に関する報告書」


【編集部おすすめ記事】

日本の家族形態TOP5 ~夫婦・子供世帯数は減少へ 国勢調査~
女性の購買意欲が最も高いのはどの世代?
日本のヘルスケア企業の未来、世界をリードする可能性3つのポイント
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

新着ニュース