日本の家族形態TOP5 ~夫婦・子供世帯数は減少へ 国勢調査~

総務省が発表した平成27年国勢調査の世帯構造等基本集計結果で、国内における単独世帯数、夫婦のみの世帯数、ひとり親と子供からなる世帯数(母子・父子家庭)が前回調査より増加している一方で、夫婦と子供からなる世帯数は減少していることがわかった。

世帯の家族類型別割合をみると、多い順に次のような結果となった。

  1. 単独世帯(34.6%)
  2. 夫婦と子供から成る世帯(26.9%)
  3. 夫婦のみの世帯(20.1%)
  4. ひとり親と子供から成る世帯(8.9%)
  5. その他の世帯(9.4%)

少子高齢化、晩婚・未婚化の影響で、単独世帯数は今後さらに増加しそうだ。

【編集部おすすめ記事】
人口1億人割るのは何年後?改めて確認しておきたい日本の総人口と人口構造の推移
2012年以降「日本全体の消費者の半分がシニア」という事実
配偶者との死別が高齢女性の生活状況と健康水準に与える影響
「親子共倒れ」新たな社会問題迫る
企業が狙う「働く独身女性」は金持ちか貧困か?

女性生活者の調査レポート