2017年の3大グルメキーワードに「健康志向」 ホットペッパー

リクルートライフスタイルが企画編集する、クーポンマガジン「HOT PEPPER」が、2017年流行グルメランキングと、ランキング結果から見えてきた2017年を象徴する3大グルメキーワードを発表した。

読者が選んだ2017年流行グルメランキング

全国の20代~30代の男女2,072人を対象に「2017年の流行グルメ」のアンケートを実施したところ、次のような結果となった。第1位はスーパーフード、第2位はやっぱり甘酒。その他にも、健康関連のグルメが多数ランクインした。

<合わせて読みたい記事>
甘酒「2017年購入金額伸び率」1位へ 課題は差別化

画像:リクルートライフスタイル

2017年の3大グルメキーワード

同社は、読者が選んだ2017年グルメランキングから見えてきた3つのトレンドを「2017年の3大グルメキーワード」として発表した。

  • 健康志向
  • SNS映え
  • 一点特化

1つ目は「健康志向」。今年さらにその人気を加速させた「スーパーフード」を始め、流行グルメランキングの上位群には 、甘酒やハイカカオチョコレート、もち麦など、「食べてキレイに」や、「食べて健康に」などに結びつくグルメがランクインしており、2017年は健康要素の強いグルメが支持されたことがわかる。

2つ目は、特に若い世代には欠かせない「SNS映え」。「レインボーフード」や「ビックパフェ」などカラフルな食べ物を静止画で楽しめるものに加え、「チーズタッカルビ」や「ラクレットチーズ」など動画映えするものも出てき たことで更に人気を加速させた。

<合わせて読みたい記事>
2018年の鍋トレンドは「フォトジェニック進化版」

3つ目は「一点特化」。近年、中食と外食の差別化が難しいとも言われ、 飲食店の競争が増している。そんな中、そこでしか食べられない限定感が来店動機に繋がり、ランキング内の 「コッペパン」や「生クリーム」などの専門店が続々オープンし話題を集めた。

【編集部おすすめ記事】
2018年の食トレンド予測 & 2017年の食トレンド振り返り クックパッド
2017 今年最も食べられた野菜は?男女別ランキング発表
今年流行し、世相を反映した食は?今年の一皿
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

女性生活者の調査レポート