SNS利用率と、SNSを「使いたい理由」「使いたくない理由」

各社がSNSマーケティングに力を入れ各メディアが生活者のSNS投稿を頻繁に取り上げるため、あたかも世の中のほとんどの人がSNSを使っているように感じてしまうが、使っていない層も一定数いる。年代別SNS利用率(平成29年版 情報通信白書)を確認すると、20~30代女性のFacebook、Twitter、Instagramの利用率は約半数。40~50代女性の利用率は10~30%で半数を切っている。

合わせて読みたい記事

SNSマーケティングはターゲット女性にリーチさせやすく、施策の効果測定を行いやすいのも魅力だ。一方で各社がSNSマーケティングに力を入れるため、競合他社との熾烈な競争にさらされるデメリットもある。あえてSNSを使わないマーケティング施策を行ってみるのも一つの戦略かも。

マイボイスコム(東京・千代田区)が実施したSNSの利用に関するインターネット調査結果「SNSを利用したい理由/ 利用したくない理由」では、アンチSNSの声を掲載。あまり表には出てこない意見だが、SNSに対してこのような考えを持っている人は多いのでは。(対象:10~50代以上の男女10,929名)。

利用したい派

  • 普段会わない人とのつながりを大切にしたいから。(男性36歳)
  • 密な友達関係を作っていないので、好きなときに使えるし、気を使わなくていいから。(女性36歳)
  • 周りが使っているので使っていないと、メールを送ってもらう手間をかけるから。(女性40歳)
  • 年をとって来たので社会とのつながりのため。(女性66歳)
  • 離れて暮らす息子家族とのコミュニケーションが増えた。(女性59歳)

利用しない派

  • 「炎上」を警戒していることと、閲覧しかしていないので、そこまで必要性を感じていないから。(男性25歳)
  • 次から次へと似たようなサービスがあり、流行りすたりも早くて疲れてしまった。もはや覚える気力なし。ネットが無い時代に戻りたい。(女性38歳)
  • 時代と共に企業の宣伝などが多く、個人的につまらなくなってきた。(女性65歳)

【編集部おすすめ記事】
SNSマーケティングの参考に 2017年主要SNSの最新動向
SNSが心の健康を阻害 もっとも悪影響のSNSは? 英調査
違いが分かる!国内5大SNSを徹底比較した、便利なSNSデータ集
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

新着ニュース