【男女の違いvol.10】1日の家事時間 夫と妻で6時間の差 

総務省による平成28年社会生活基本調査 ー生活時間に関する結果ーで、6歳未満の子供を持つ世帯の夫婦において、1日の家事関連に費やす時間(※)は妻が7時間34分、夫は1時間23分であることがわかった。(※)ここで言う家事関連は、家事、介護・看護、育児、買い物。

平成8年から平成28年までの男女それぞれの家事関連時間の推移を見ると、女性は横ばい、男性は年々増えているものの、それでも男女で1日6時間以上もの差があることは依然として変わらない。

ちなみに男性の家事参加率が高い欧米諸国の一つであるアメリカでは、夫の家事関連時間は1日3時間25分、その分、妻は短く6時間1分だ。

【編集部おすすめ記事】
働くママの時短ニーズ、さらにその先にあるニーズとは?
【男女の違い vol.7】男性と女性、ストレス感じやすいのはどっち?
【男女の違い vol.1】配偶者に介護してほしい男性と、してほしくない女性 意識差の背景は?
「もし時間を捻出できたら…」ママがしたいことランキング
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

女性生活者の調査レポート