2045年 凡用AIの浸透 私たちの仕事はどうなる?

人間はAIに仕事を奪われるのか?どんな職種が生き残るのか?AIにより失業者が増えると社会はどうなるのか?AIに対して人間の価値は何になるのか?AIの登場で人々の消費スタイルはどうなるのか?資本主義は終わるのか?

巷で急速に注目されている、AIと人間の関わり方。様々な見方が示される中、想像を超えるAIの利便性の高さに魅了される一方で不安を感じている人も多い。特にこれから数十年間働き続ける若い世代やこれから社会人になっていく子どもたちにとっては避けては通れないトピックだ。各有識者らの見解からは、今後の生き方やビジネスの方向性を見出すヒントを見つけられるはず。

「技術」の時代から「芸術」の時代へ

政策シンクタンクRIETI(独立行政法人経済産業研究所)の上席研究員、藤和彦さんは、凡用AIの浸透を見据え今後の経済社会は「知識(技術)」に代わって「美(芸術)」が最も重要な資源となると述べている。⇒【詳細】2045年、AIでなくなる仕事より、新たに生まれる仕事を考えてみる(独立行政法人 経済産業研究所)

人間の存在意義、人間に残される仕事、社会に起きる変化

「AIと人間」に焦点を当てた書籍が、特にここ1年で続々と登場している。その中でも特に興味深く読める書籍を紹介。

仕事消滅 AIの時代を生き抜くために、いま私たちにできること 

人工知能の「最適解」と人間の選択

人工知能を超える人間の強みとは

人工知能は資本主義を終焉させるか 経済的特異点と社会的特異点 

【編集部おすすめ記事】
【動画】まるで映画の世界!AIはヘルスケア・消費・シニアの生活をどう変える?
AIが将来の疾病リスクスコア推移を予測 将来の健康状態を「見える化」
グランプリはVR・AIを利用した運動リハビリ治療機器 経産省
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事