11月の「性差」に関する国内ニュース、キャッチアップ!

フェムテックの一大トレンドを契機にヘルスケア業界では、健康課題や健康ニーズを性差分析し、女性・男性それぞれの生物学的特徴に適したヘルスケア製品・サービスを開発しようとする「ジェンダード・イノベーション」への関心が高まっている。すでに大手メーカーや製薬企業を中心に事例が出てきており、このトレンドは今後さらに加速しそうだヘルスケア業界の新戦略 同一ブランドで『女性向け』『男性向け」』を開発

以下記事では、性差分析に関する国内動向がわかるニュースをピックアップしてご紹介。「性差」や「ジェンダード・イノベーション」を取り上げたマスメディアの報道や、自治体やアカデミアの取り組みなどを、2017年〜2023年11月まで月別にまとめた。11月は、NHKがクローズアップ現代で「“性の違い”がイノベーションに 病やけがのリスクを減らせ!」と題した番組を放送した他、ハースト婦人画報社のセクシュアルウェルネスに関する知見を発信するプロジェクト「We say」がジェンダード・イノベーションをテーマにした対談動画を公開するなど、一般向けメディアによる情報発信が目立った。

 

 

 

 

【編集部おすすめ記事】
【世界糖尿病デー】糖尿病はどんな性差がある? 合併症のリスク・性機能障害・薬の副作用など
介護が必要になった原因に有意な性差、女性に多いのは「骨折・転倒」「関節疾患」
【World Restart a Heart Day】女性への救命処置に抵抗あり、4割 AED使用における性差の課題
【男女の違いVol.45】広がる性差分析、医療・ヘルスケア領域のニュース深掘り5選
ジェンダード・イノベーションとは? 商品事例・市場規模・最新動向(2023~2024年)

PAGE TOP
×