高まる需要「プチ自分磨き」 ストアカが人気

「プチ自分磨き」需要の高まりを受け、今人気なのが「ストアカ」だ。ストアカとは、教えたい人と学びたい人をつなぐスキルのシェアリングエコノミー。1回から参加できる対面の教室であらゆるスキルを気軽に学べるサービスだ。現在150ジャンルあり、8,000人の講師が登録している。

<合わせて読みたい記事>
2017年「住・学・働」トレンドから考えるヘルスケアビジネスの商機

モノ消費よりコト消費に重点を置くようになった今の生活者。学びというと「難しい」「辛い」「面倒」というイメージがあるが、ストアカは「座学で難しいことを学ぶ」というより「学びを楽しむ」コト体験要素が強い。

プレミアムフライデーで何をしたいか?という調査では「自分磨き」「習い事」「今までしたことがないことに挑戦したい」という回答結果も多く、自分磨き需要は今後更に高まることが予測される。

【編集部おすすめ記事】
プレミアムフライデー実施されたら「サロンへ行きたい」1位
ママが自分磨きの消費行動を再び始めるのはいつ?
「もし時間を捻出できたら…」ママがしたいことランキング
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

新着ニュース