プレミアムフライデー実施されたら「サロンへ行きたい」1位

プレミアムフライデーの認知は74%、実施されたら女性がしたいことの第1位は「美容院・ネイル・リラクサロンに行きたい」だったことがOZmallの調査で明らかになった。働く東京女性の消費見込みは81%で、そのほぼ半数が“ひとり時間”に充てたいという結果に。

現実的に考えてプレミアムフライデーを導入できる企業は少ないという意見もあるが、昨今の働き方改革が推し進められている国内ではプレミアムフライデー消費は少しずつ浸透していくのでは?美容・健康関連サロンはプレミアムフライデー消費を活用した戦略や企画を考えてみよう!⇒「プレミアムフライデー」リアルレポート (OZmal調べ)


おすすめ記事

イベント消費疲れ×プレミアムフライデーで、女性ニーズを満たそう!
2017年 女性の消費行動の特徴は?ライフスタイル新潮流
ストレス解消に1回あたりいくらのお金をかける?
女性マーケティング戦略で「女性客を増やす」ための基本の考え方
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

女性生活者の調査レポート