インナーカラー 若年層は「オシャレ」 、中年女性は「エイジングケア」のため

10~20代女性に人気なのが「インナーカラー」。髪の表面ではなく内側を染める方法で、髪をまとめたり、髪をかき上げたときに髪を染めた部分がチラリと見える。

ヘアサロン・美容サロンの予約サイト「ホットペッパービューティ」で「インナーカラー」を検索すると11,237件がヒットする(2018年4月9日現在)。美容月刊誌「美ST5月号pp.109-111(光文社)」は、「白髪が伸びても目立たない」「フェイスラインが引き締まって見える」などの効果を狙えるとして、エイジングケアとしてのインナーカラーを取り入れることを提案している。インナーカラートレンドはまだまだ続きそう。

Googleトレンド「インナーカラー」


【編集部おすすめ記事】

【話題の人】シニア女性専門のヘアメイクアップアーティスト 赤坂渉さん
業界初 ヘアカラー復元トリートメントを開発
2018年のヘルスケアトレンド(健康・美容・予防医療)
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事