ストレス対策に「アダプトゲン」

ストレス適応力を高めてくれる天然ハーブや生薬のことを「アダプトゲン」という。ストレス対策のこれからの定番キーワードになるかもしれない。

アダプトゲンとは
ハーブの中にはアダプトゲンと呼ばれる分類に属するものがある。アダプトゲンは、身体がストレスに適応して正常な代謝機能を促し、バランスを回復させる働きをもつ。物理的、生物的、感情的、環境的なストレスに対する抵抗力を高め、身体正常な機能を維持する作用を有している。(引用:「アダプトゲンーストレス「適応力」を高めるハーブと生薬(フレグランスジャーナル社)」ー p.1)

「アダプトゲン」の言葉そのものの認知度は低いが、アダプトゲンに属するハーブや生薬の中には「霊芝(レイシ)」「朝鮮人参」「ホーリーバジル」「マカ」など、すでに私たち生活者の間でも広く知られ実際に食されているものもある。アダプトゲンの効果を高めるためのハーブもあり、「カモミール」「レモンバーム」などがそれにあたる。

アラサーの女性向けファッション情報誌「andGIRL6月号(p.133)」は、キレイのためのストレス解消法として「アダプトゲンを飲む」ことを薦めている。アダプトゲンの詳細については以下の書籍がおすすめ。

アダプトゲン―ストレス「適応力」を高めるハーブと生薬

【編集部おすすめ記事】
「スワッグ」で心に癒しを
2018年スーパーフードトレンド予測 今年の注目素材おすすめTOP10
2018年のヘルスケアトレンド(健康・美容・予防医療)
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事