世界の広告費成長率予測を発表 電通

電通(東京・港)の海外本社、電通イージス・ネットワーク(英・ロンドン)は、世界59カ国・地域から収集したデータに基づき、「世界の広告費成長率予測」を取りまとめたことを今月発表した。今回は、2017年実績の確定と2018年予測の改定、2019年の新規予測を行っている。概要は以下。

  • 2018年の世界の総広告費は、6,000億ドルを突破し、過去最高となる見通し
  • 2010年から2019年まで10年連続の成長見通し
  • 2018年の前回予測(2018年1月)比では、市場規模1、2位の米国・中国のけん引などにより上方修正(3.6%→3.9%)
  • 媒体別では、二桁成長のデジタルがテレビを上回り、トップシェアに
  • 2019年にはデジタルがシェア40%を超過する見通し

出典:電通

2018年の世界の広告費成長率を3.9%と見込むことで、総広告費は6,135億ドルに達し、過去最高となる見通し。また2019年も、世界的にデジタル広告がけん引する形での堅調な成長(予測3.8%)が見込まれる。これにより、世界の総広告費はリーマンショックの影響を受けた2009年以来、10年連続のプラス成長の見通しとなる。特にデジタル広告費は堅調で、今後も二桁成長が続くと予測。2018年には世界の総広告費に占めるデジタル広告費のシェアは38.4%となり、初めてテレビ広告費を上回り、続く2019年には40%超となるとのこと。

世界のデジタル広告費の成長率は、2018年に12.6%、2019年に11.3%と、二桁成長が続く見込みで、そのけん引役は、オンライン動画広告とソーシャルメディア広告。2018年の成長率はそれぞれ24.6%、21.6%となる見通し。モバイルデバイス向けのデジタル広告は、2017年にデスクトップPC向けを追い抜き、デジタル広告費内のシェアは50.3%となったが、さらに2018年には52.2%に達する見通し。

【編集部おすすめ記事】
2018年 動画広告の新トレンド
【推薦図書】初心者向けで分かりやすい!健康・美容の広告表示の基礎知識本
気になる競合の動画広告「何の媒体を使ってる?」企業向け調査
「観光映像大賞」から学ぶ魅力の見せ方 進化する観光プロモーション映像
企業からも自治体からも引っ張りだこ 今、人気のコラボ相手は誰? 

女性生活者の調査レポート