ハワイ 一部の日焼け止め、販売禁止へ 

ハワイ州は、2021年1月1日から「オキシベンゾン」と「オクチノキサート」を含む日焼け止めの販売を禁止することを今月発表した。この法律の目的は、サンゴ礁を含む海洋生態系を保護すること。科学的研究によれば、オキシベンゾンとオクチノキサートはサンゴや他の海洋生物にとって有毒であることが示されているという。⇒【詳細】Governor David Ige signs bill making Hawaii first in the world to ban certain sunscreens(Governor of the State of Hawaii David Y.Ige)

【編集部のおすすめ記事】
「新スタイルの日焼け止め」年々人気に 今後の定番カテゴリーなるか
ヘルスケア商品 エアゾール式が新常識?
2018年のヘルスケアトレンド(健康・美容・予防医療)
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ