長寿県と短命県で異なる女性の食事と生活習慣

長野県や沖縄県のような長寿県と、青森県や栃木県のような短命県では、食事や生活習慣にどのような違いがあるのか?その相関関係に関する調査結果(DIAMOND 男の健康より)

女性短命県の傾向

・喫煙率が高い (青森、栃木)
・アルコール摂取量が多い (青森)
・塩分摂取量が多い (青森、栃木)
・魚介類の摂取量は多い(青森)
・野菜の摂取量が少ない (和歌山)
・発酵食品の摂取量が少ない (和歌山)
・牛乳の摂取量が少ない (青森、栃木、和歌山)
・緑茶の摂取量が少ない (青森)
・活動量が低い(青森、栃木、和歌山)
・小中学生時の肥満率が高い (青森、栃木)

女性長寿県の傾向

・喫煙率が低い (長野・島根)
・アルコール摂取量は多め (新潟)
・塩分摂取量は多め (長野・新潟・島根)
・魚介類の消費量は多い (新潟・島根)
・野菜の摂取量が多い (長野・新潟・島根)
・発酵食品の摂取量が多い (長野)
・牛乳の摂取量が多い (長野)
・緑茶の摂取量が多い(島根)
・活動量が高い (長野・島根)
・小中学生時の肥満率が低め (長野・新潟)
(引用元:DIAMOND)

塩分とアルコール摂取量が多い点が、短命県、長寿県どちらにも当てはまっているのは驚きだが、同記事では、「他の要素でリカバリーされているのでは?」としている。その他、次のように言及している。「短命県にはがん患者や糖尿病、高血圧、結核が多い。長寿県と短命県を比較すると、女性は特に「野菜」「発酵食品」「牛乳」「緑茶」「活動量」が重要であることが分かる詳細はDIAMOND

関連記事
■47都道府県の健康寿命ランキング。前回1位を抜かしたのは?
■30代~70代女性の健康の悩みランキングTOP10
■30代~70代女性に人気の健康食品の原料・成分ランキングTOP5

一緒に読まれている記事