「スポーツジムに通う派」「外で運動派」、次のブームは?

都市部の富裕層向けに、三菱地所ホーム(東京・港区)が「ホームスパ」を提供している。自宅内にジム、バス、リラックスリラックススペースを設けており、モデルハウス来場者からは好評を得ているという。外部からの目を一切気にせずに、好きな時間に健康づくりとリラクゼーションを優雅に楽しめるのが魅力だ。

画像引用元:三菱地所

画像引用元:三菱地所

このホームスパに続き、今回新たに提案するのがホームアクティビティ。壁一面の大型スクリーンを採用し、ゴルフシュミレーターや大自然を画面に映し出してヨガ、家族で楽しめる体感ゲームなど、自宅内で本格的にアクティビティを楽しめる。

現在、これらは庶民的な価格ではないため購入できるのは富裕層に限定されるが、自分のライフスタイルに合わせて自宅で体を動かしたりリラックスできるのは、忙しい現代人に適した形態だ。「スポーツジムに通う室内派」「外で体を動かしたい室外派」に続き、「自宅で本格派」も定着していくかもしれない。

詳しく知る
■ウェルネスライフを満喫する新空間『ホームアクティビティ』登場 

関連記事
■働く女性増加で生まれたニーズ。独身女性は高価格商品の消費意欲が活発
■スポーツジムを自宅に。健康寿命伸ばすセキスイハイムの新リフォーム
■【動画】女性の各ライフイベントで必要な「金額」を理解しよう

一緒に読まれている記事