働く女性増加で生まれたニーズ。独身女性は高価格商品の消費意欲が活発

働く女性が増えたことで一昔前とは違うことはいろいろあるもの。未婚率の増加、晩婚、晩産、子どもを産まない選択、心身の様々なトラブル、女性の消費力が活発になり消費意欲が高くなるなど。様々な価値観が変化してきているが、その中の一つが「マンションを購入したい!」というニーズ。家を建てる、マンションを買う、という消費行動は、以前は結婚後の話だったのが、今や都心の独身女性を中心に独り身でもマンションを購入する女性が増えている。

そんな女性をサポートしているのが、「女性のための快適住まいづくり研究会」主催の「女性のためのかしこいマンション購入講座」。明日、東京有楽町で開催される講座も、すでに定員となっており盛況だ。

マンション購入に関する説明会やイベントに参加するのは、多くが、30~40代。働き盛りの上、この年齢は「結婚するのか?しないのか?」「子どもを産むのか?産まないのか?」を真剣に考える時期でもある。30代に突入してくると結婚に夢見るよりも、現実的なライフプランを考えるようになり、40代、50代、その先60代までの自分の未来像をリアルに想像する。そんな時、賃貸で払い続けるよりも、資産となるマンションを購入した方が安心だしお得かも、とマンション購入を考えるようになるのだ。

特に、経済的に安定している女性であれば、一人で購入を決断することはそんなに難しいことではない。インターネットでこのあたりの言葉を検索してみても、「独身、住宅購入」「独身、一戸建て」「独身女性 マンション購入 ブログ」「独身用マンション」「読書ン マイホーム購入」などという組み合わせが出てくる。独身女性の消費行動は他のライフコースをたどる女性(例えば専業主婦、DEWKSなど)と比較しても断トツ消費行動が活発で、自分への投資が積極的。企業側からすると高価格帯戦略を設計しやすいターゲット層でもある。

関連記事
■企業が狙う「働く独身女性」は金持ちか貧困か?
■【ライフコースを理解する】DEWKsとDINKsで異なる消費スタイル
■働く女性の美容・食・仕事・プライベートをさくっと理解できる1万人白書
■働く女性マーケティングの参考になるデータが豊富!〜地域で異なる女性の意識〜
■働く女性が実感「この1年で買って良かったもの」

一緒に読まれている記事