介護予防の取り組み事例と運用の課題(3/4)

介護予防 企業の取り組み事例

JAL×「早稲田イーライフ」

軽度の介護認定を受けた介護予防に取り組む高齢者の「もう一度旅に出たい」要望に応え、安心して参加できるツアー「介護予防チャーター」を、JALと、フィットネスジムのようなデイサービスを全国展開する早稲田イーライフが共同で企画(日程:2018年11月3日(土)~4日(日))。「客のペースに合わせた搭乗と出発のための専用機をチャーター」「旅行に対する不安を払拭できるよう、早稲田イーライフのスタッフが同行」「機内ではサービス介助士資格を保有する客室乗務員が添乗」「機内でエクササイズを実施」が特徴。

介護予防チャーター

出典:日本航空

セントラルスポーツ

「人生100年時代」をサポートするフィットネスプログラム『“セントラリアン”プログラム』を展開。プログラム例は以下。

  • スポーツ吹き矢教室(運動が苦手な人でもゲーム感覚で楽しめる健康増進プログラム)
  • 脳が目覚めるお絵かき教室(脳を活性化させるために開発された臨床美術を応用したアートプログラム)
  • 学びタイム(運動・栄養や防災、介護予防など生活に役立つ知識や健康に関する知識を学ぶ教室)
  • 動きタイム(健康づくりに直結する「膝痛」「筋トレ」「ウォーキング」などのテーマで実施する運動教室)
セントラリアン”プログラム

出典:セントラルスポーツ

富山県立大学

高齢者の介護予防に向けた「アクティブラーニング型健康教育」を開発。プログラムの普及に向けたモデル事業として、地域住民主体の健康づくり教室を開催(2018年8月24日~11月16日)。同プログラムでは、健康づくりに関する学習課題を参加者自ら調査し共有した上で、各自が実践する。専用のテキストを作成することで、専門家・講師を必要とせず、住民主体で実施可能な学習スタイルとしているのが特徴。「アクティブラーニング型健康教育」は、従来の「与える介護予防」ではなく、「自ら実践する力を育てる介護予防」を目指す。

介護予防

出典:富山県立大学

#介護予防

SNSには「#介護予防」で多数の投稿があり、各地の取り組みを確認できる。

女性生活者の調査レポート