新発想の弁当箱登場「お弁当で食事トレーニング」

美容・健康のためにカロリーや栄養バランスをコントロールできる弁当派女子が増えていることを背景に、近年は様々なサイズ・デザインの弁当箱が豊富に揃う。

スープや味噌汁など汁物専用のスープジャー、麺類・丼モノも安心して持ち運べる汁もれ防止・保温強化の2段構造弁当箱、サラダ専用のボトル型の弁当箱、深さが3〜4cm程度の持ち運びに便利な薄型弁当箱、おにぎらずを簡単に作れるおにぎらず専用弁当箱、ほのかな杉の香りと伝統的なデザインを楽しめるシンプルな弁当箱「曲げわっぱ弁当箱」など、食のトレンドを反映した弁当箱が次々に登場する中、「昼食を食事トレーニングの時間にする」という発想から誕生した弁当箱が登場した。ロフト×ティップネス×日テレ7が共同企画した新発想の弁当箱「食べトレお弁当箱」だ。

出典:日テレ7

出典:日テレ7

「食べトレ(食べる+トレーニング)お弁当箱」は、昼食の時間を「食べトレタイム」として有効活用することを提案。昼食で美容・健康などそれぞれの目的に応じたカラダづくりができるよう「食べてなりたい自分になれるレシピ(ティップネス監修)」と合わせて、様々なサイズ・形の弁当箱をシリーズで商品化した。3月5日より全国のロフトで発売開始。

【編集部おすすめ記事】
シニアの大規模集客に「身体能力を披露する」場を提供
「アクティブ派」「回復派」ジムは二極化へ 人気集まる “疲労回復ジム”
中高年層の新ウォーキングブームは ナンバ歩き?
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事