女性客の取り込みに 各温浴施設の美容・健康イベント取り組み例

各温浴施設は女性客の取り込みや他施設との差別化を図るために、美容・健康イベントを積極的に開催している。以下に4事例をご紹介。

  • 極楽湯・RAKU SPA(極楽湯ホールディングス)
    12月に養命酒製造とのコラボキャンペーン企画を開催。薬用養命酒の生薬の一つである「ウショウ」の原料である「クロモジ」をイメージしたコラボ風呂「養命酒クロモジの湯」が登場。「クロモジ」は和製ハーブで高級楊枝の原料として有名。体を温める効果や胃腸の働きをバランスよく整える作用があるといわれ、コラボ風呂では香りも楽しむことができる。同施設では白鶴酒造とのコラボも過去に開催。日本酒が入った湯は、身体を温め柔らかくハリツヤのある肌を保ってくれるという。
  • 湯楽の里(スパサンフジ)
    7周年イベントを12月に開催。薬湯「よもぎの湯」を提供する他、塩サウナに「アロエ塩」と「みかん塩」を設置する。
  • スパリゾートハワイアンズ(常盤興産)
    専用プールで、温泉の特徴・効果を利用した「水中ウォーキング」「アクアビクス」「アクアリラクゼーション」を提供。浴場だけでなくプールにも温泉を使用している。
  • 満天の湯(ミュー)
    11月上旬に生姜をテーマにしたイベントを開催。生姜を使った食事メニューと、生姜の香り湯を提供。12月は「プレミアムコラーゲン風呂」「ラベンダー&カミツレの湯」「ローズ&サンダルウッドの湯」「ハーブセレクトの湯」などを楽しめる。

 

【編集部おすすめ記事】
接客スキルと訪日外国人向けサービスが評価 代官山のスパ 日本一を受賞
プラネタリウム×熟眠ヘッドスパ 睡眠サロン続々
2018年のヘルスケアトレンド(健康・美容・予防医療)
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ