30代,40代,50代 幸せ度・生活充実度最も高いのは?

千趣会(大阪市)が運営するベルメゾン生活スタイル研究所が実施した生活意識アンケート調査で、30代~50代女性のうち「幸せ度」「心豊かな暮らし度」「生活充実度」が各項目で最も高いのは30代、最も低かったのは50代であることが分かった。

女性は年齢の上昇とともに、家族のこと(親の介護や、子供のことなど)・お金のこと(教育費や家のローンなど)・自身の体の変化(更年期症状や加齢に伴う変化など)など様々な問題を抱えるようになり、アラフィフクライシスという言葉があるように50代前後で特にこれらの問題や不安に直面する。年齢の上昇と共に「幸せ度」「心豊かな暮らし度」「生活充実度」が低くなるのはそれも関係しているのかもしれない。

他、同社が公開しているレポートには、現在の収入・将来に対する気持ち・節約意識・消費についてなどを掲載。⇒【レポート】女性の生活意識アンケート調査(第11回)(ベルメゾン生活スタイル研究所)

【編集部おすすめ記事】
女性の疲れ度合い 増すのは何曜日?消費者への提案は曜日を考慮したい
多くの女性が知っているのに、実は「効能理解していない」多数
ICT健康サービス 利用意向あるのに使わないシニア その理由とは?
サプリメント支出金額、30歳未満と70歳以上で大きな開き
「AE消費」求めるSNS世代の若者たち どんな戦略が心を掴む?

一緒に読まれている記事