60代の4割が脳の健康管理開始 取り組んでることは?

40~69歳までの男女312名を対象にした「脳の健康」に関する意識調査で、60代に関しては、4割が脳の健康管理に取り組んでいることが分かった株式会社イノベイジ調べ

年代別取り組み状況

年代別に脳の健康管理の取り組み状況を見てみると、60代が40.4%と最も高い一方で、40代からすでに取り組み始めている人も25.9%と少数ながらいるようだ。

  • 40代
    積極的に取り組んでいることがある( 3.8%)
    積極的ではないが、取り組んでいることがある(22.1%)
    特に取り組んでいることはない(74.0%)
  • 50代
    積極的に取り組んでいることがある(10.6%)
    積極的ではないが、取り組んでいることがある(21.2%)
    特に取り組んでいることはない(68.3%)
  • 60代
    積極的に取り組んでいることがある(12.5%)
    積極的ではないが、取り組んでいることがある(27.9%)
    特に取り組んでいることはない(59.6%)

脳の健康維持・向上のために取り組んでいること

60代が取り組む内容上位5項目は次の通りだった。

  1. 適度な運動(69.0%)
  2. 趣味や習い事(64.3%)
  3. 紙の脳トレーニングドリルやパズル(35.7%)
  4. 食事の管理(35.7%)
  5. 睡眠の質や時間の確保(33.3%)

調査を行ったイノベイジ(東京・渋谷区)は、脳トレーニングジム「ブレインフィットネス」を運営している。

<合わせて読みたい記事>
似たりよったりのフィットネス業界に新星登場!これは新しい!

 

【編集部おすすめ記事】
DgS・薬局で認知症予防活動 脳活性化プログラム「シナプソロジー」
【米研究報告】脳の老化予防に、歩くよりも効果が期待できること
【セルフメディケーション vol.3】あなたの脳年齢を測定!今何歳?
閉経後の脳の変化が身体活動性を低下させる 米研究
睡眠障害は脳卒中のリスクを高める?独の病院報告

新着ニュース