スマホ・PC・メディア 長時間接触するのはどこの人?都道府県ランキング

(最終更新:2018年11月22日)
web広告もマス広告も、エリアマーケティングを重視すると今よりも効果を出せるかもしれない。

社会生活基本調査(平成28年 総務省統計局)で、生活者が1日の中で「スマホ・パソコンと接触する時間」、「メディア(テレビ・ラジオ・新聞・雑誌)と接触する時間」は都道府県で開きがあることがわかった。

スマホ・パソコンを1日6時間以上使用した人の割合が最も高かった大阪府(10.6%)に対し、最も低かったのは長野県(6.5%)。メディアとの接触時間に関しては、最も長い北海道(2時間38分)と最も短い東京(1時間55分)では83分もの開きがある。ランキングをチェック!

画像:総務省統計局

【編集部おすすめ記事】
地域で異なる人気のアウトドアスポーツ
富裕層シニアはどこに分布する?都道府県別ランキング
地域で異なる生活時間の使い方 〜東京と大阪の違い〜
【最新】47都道府県の平均寿命ランキング
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事