【男女の違いvol.22】男女で異なる妊活意識

妊活に対する意識や考え方が男女間で異なることが、ドコモ・ヘルスケアの調査でわかった。(調査対象:20~40 代の妊活経験者男女 618 名)

妊活希望は男性よりも女性が強い

「妊活を希望したのはあなたとパートナーとどちらですか?」という質問に対し、次のような結果となった。半数が「お互いに希望」して妊活を始めた一方で、それ以外の妊活カップルについては、4割は「女性から希望」しており、「男性から希望」したのは1割未満。妊活への意識は女性の方が強いことがわかる。

出典:ドコモ・ヘルスケア

  • お互いに(51.3%)
  • 女性から希望(41.4%)
  • 男性から希望(3.7%)
  • 自分だけが妊活している(3.4%)
  • その他(0.2%)

妊活の温度差

「夫婦間で妊活に対する温度差はどのように感じますか?」という質問では、男性も女性も「女性側の温度が高い」と感じている結果に。

出典:ドコモ・ヘルスケア

  • 相手の方が温度は高い(女性 4.2%)(男性 28.8%)
  • 自分の方が温度は高い(女性 51.8%)(男性 9.4%)
  • お互い温度差は同じ(女性 44.0%)(男性 61.8%)

男女で異なる妊活で重要だと思うこと

「妊活で重要なことは何だと思いますか?最も重要だと思う3つをお答えください」という質問には、男女ともに1位から3位は「夫婦生活のタイミング」「健康的な体づくり」「年齢」という結果になったが、男女間で比較すると、男性は「夫婦生活のタイミング」 「年齢」「生理周期の把握」など 妊活において重要な直接的な項目を女性より重視して いる傾向にある一方で、女性は「健康的な体づくり」「ストレスを溜めないこと」「体を温めること」など、健康面に関して男性より重視していることがわかった。

出典:ドコモ・ヘルスケア

  • 夫婦生活のタイミング(女性 64.1%)(男性 70.9%)
  • 健康的な体づくり(女性 51.1%)(男性 50.8%)
  • 年齢(女性 41.1%)(男性 48.9%)
  • ストレスを溜めないこと(女性 39.5%)(男性 29.1%)
  • 生理周期の把握(女性 35.3%)(男性 47.2%)
  • 基礎体温計測(女性 27.8%)(男性 24.9%)
  • 体を温めること(女性 19.4%)(男性 6.1%)
  • 食事・栄養に気をつける(サプリを含む)(女性 7.8%)(男性 10.0%)
  • 飲酒・喫煙をやめる(女性 7.1%)(男性 8.4%)
  • 適正体重(BMI)にする(女性 2.3%)(男性 1.0%)
  • その他(女性 2.6%)(男性 3.6%)

【編集部おすすめ記事】
広がる男性の妊活意識 各社・各メディアの動き
何もしないが半数 妊活のために何をする?意識調査
【話題のキーワード】広がるプレコンセプションケア
2018年のヘルスケアトレンド(健康・美容・予防医療)
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事