海外の労働・社会保障情勢「2017年 海外情勢報告」公表 厚労省

海外の労働・社会保障情勢について理解できる報告書「2017年 海外情勢報告」が、先月末、厚生労働省より公表された。

これは諸外国の労働情勢と社会保障情勢全般に関する情報を毎年取りまとめているもので、「特集」と「定例報告」の2部で構成されている。「特集」では、フランス、ドイツ、スウェーデン、英国の高齢者雇用対策をテーマに、各国における職業紹介、雇入れ助成、定年制などの雇用促進施策、雇用保護施策、年金・失業保険制度について紹介。「定例報告」では、欧米、アジア諸国の雇用・失業情勢と労働・社会保障施策を紹介。⇒【詳細】2017年 海外情勢報告(厚生労働省)

【編集部おすすめ記事】

日本の少子高齢化を国際比較で理解する
少ない女性役職者 国際比較で見る日本の現状
2018年のヘルスケアトレンド(健康・美容・予防医療)
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事