閉経に対する女性たちの意識 重視すべきは「美容<健康」

日本人の平均閉経年齢は50歳〜51歳だが、個人差は大きく40代で閉経する女性もいれば50代後半に閉経する女性もいる。閉経に対する考え方も個人差があり、「早く生理がなくなってほしい」「生理が終わったら、PMSに毎月悩まされることがなくなりすごく楽になった」と閉経をポジティブにとらえる女性もいれば、「閉経したら太ったり髪の毛にツヤがなくなったり肌トラブルが増えたり美容面で嫌なことばかり。できる限り閉経は遅らせたい」「閉経は女性としての終わりを告げられたようで怖い」とネガティブにとらえる女性もいる。

閉経について思いを巡らせる時、女性たちは生理を「美容」「厄介モノ」のどちらかの視点を軸にしがちだが、本来閉経に関する考え方として重視すべきは閉経により女性ホルモンの恩恵が受けられなくなることだ。女性ホルモンが分泌されることで生活習慣病のリスクが抑えられていることを理解している女性は多くない。閉経に関するコミュニティサイトを覗いてみると「骨粗鬆症になりたくないから、50歳過ぎてもまだ生理があることに感謝している」など健康の視点から閉経を理解する女性もいるが、それはごく一部。

健康的な体を少しでも長く維持するためには、早い閉経を望むのは良くない考え方だ。女性たちはヘルスケアの視点で生理をとらえ、正常で健康的な生理を保つ意識を持てるよう、企業は啓蒙や情報発信を行っていきたい。

【編集部おすすめ記事】
年齢階級別 1人当たりの医療費 85歳以上は年間100万円以上
女性の不調 全ての原因は「気圧のせい」が流行中
女性に多く発症「下肢静脈瘤」 夏に検索増える
アルツハイマー病の終焉、世界中で話題に 最新認知症治療法「リコード法」
医療・ヘルスケア分野における人工知能・AI有望ビジネス(有料レポート)

一緒に読まれている記事