アルツハイマー病の終焉、世界中で話題に 最新認知症治療法「リコード法」

今話題になっているのは、最新認知症治療法である「リコード法」。この新しい治療法を確立したのは米国のデール・ブレデセン博士。「一度なったら治らないもの」と考えられていた認知症の常識を覆し、今世界中で反響を呼んでいる。

リコード法は生活習慣の改善によって36個のアルツハイマー病の発生原因にアプローチし、治療につなげるという方法。早期にリコード法を実施することで、認知症が完全に回復することもあるという。今年5月には「世界一受けたい授業(日本テレビ)」にブレデセン博士が登場し、リコード法について紹介した。

アルツハイマー病 真実と終焉”認知症1150万人”時代の革命的治療プログラム

【編集部おすすめ記事】
シニアの恋愛事情「認知症ぎみだった女性が恋をして生き生き」
認知症高齢者数の推計 2060年には3人に1人
2018年のヘルスケアトレンド(健康・美容・予防医療)
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事