冬の室内乾燥に関する女性の悩み

暖房を使用したいけれども気になるのは、小ジワや風邪の原因になる冬の室内乾燥。女性たちは冬場のエアコン暖房による室内乾燥にどのような対策を行い、どのような課題を感じているのか?ダイキン工業が行った、冬のエアコン暖房に関する女性の悩み実態調査(調査対象:首都圏在住の女性200人)

エアコン暖房を使用する際の困りごと

冬場にエアコンを使用して困っていること・気になることについて聞いたところ、次の結果となった。最も多かったのは「室内の空気乾燥」。

出典:ダイキン

  1. 室内の空気が乾燥する(60.5%)
  2. 電気代がかかる(11.0%)
  3. 足元が寒い(10.5%)
  4. 風が当たると不快(5.0%)
  5. 湿度ムラがある(4.5%)
  6. すぐに暖かくならない(3.5%)
  7. ちょうどいい温度を維持することが難しい(2.0%)
  8. その他(0.0%)
  9. 特にない(3.0%)

冬の室内での乾燥対策

次に、冬の室内における乾燥対策を聞いた。

出典:ダイキン

  1. 肌に保湿クリームを塗る(62.5%)
  2. 加湿器を使う(53.0%)
  3. 洗濯物(や濡れタオル)を部屋干しする(51.0%)
  4. マスクをする(28.5%)
  5. お湯を沸かす(8.0%)
  6. 霧吹きで水をまく(2.5%)
  7. その他(0.5%)
  8. 何もしていない(9.5%)

乾燥対策の課題

次に、冬の室内における乾燥対策で感じている課題について聞いた。

出典:ダイキン

  1. 結露することがある(51.5%)
  2. 湿度を維持することが難しい(43.5%)
  3. 面倒くさい(39.5%)
  4. お金がかかる(23.5%)
  5. 加湿用品の設置にスペースがとられる(23.0%)
  6. 不衛生(22.5%)
  7. 湿度がなかなか上がらない(14.5%)
  8. その他(0.5%)
  9. 課題はない(8.0%)


【編集部おすすめ記事】

【男女の違いvol.13】男女で異なる真冬の冷え取り対策
季節特有、女性に増える「冬季うつ」
2018年のヘルスケアトレンド(健康・美容・予防医療)
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事