【男女の違いvol.13】男女で異なる真冬の冷え取り対策

男性と女性では、冬場の身体の冷えの対策方法は異なるようだ。温朝食に関する情報を発信する「温朝食ラボ」が行った「朝食と冷え性」に関する調査結果で明らかになった。(対象:全国に住む20〜60代の男女1,000名)

冬場に身体の冷えを感じる人にどんな対策をしているかを聞いたところ、「温かい食べ物・飲み物を摂るようにしている」という人が男女共に最も多い結果となった。続く2位も、男女ともに「重ね着」。順位が異なるのは3位。男性は「機能性下着の着用」に対し女性は「湯船にゆっくり浸かる」だった。

季節関係なく日頃から美容や健康のために(例:保湿、むくみ改善、血行促進、冷え取り、疲労回復、生理痛緩和のため)入浴を習慣化している女性は多い。その習慣の違いが”ランキングの違い”に影響しているのかもしれない。

画像:温朝食ラボ

画像:温朝食ラボ

【編集部おすすめ記事】
男女の違いを理解しようシリーズ「男と女、何が違う?」vol.11~vol.12
冬の冷え 頭と足元の温度差4.5度 じわり人気省スペース型こたつ
冬の新たなPRに!肌乾燥「冷え」が原因?知らない女性多数
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事