女性アスリートの三主徴をサポート 聖隷浜松病院が専門外来開設

聖隷浜松病院(静岡・浜松)は8月から、女性アスリートの健康を支援する「思春期・女性スポーツ外来」を開設する。近年指摘されている「女性アスリートの三主徴」である「エネルギー不足」「無月経」「骨粗しょう症」などの健康問題に対応する。同院は総合病院の強みを活かし、婦人科をはじめとした各診療科や、管理栄養士や理学療法士といった各専門職が一体となり、女性アスリートをサポートする。

日本産科婦人科学会等が行った調査によると、無月経や疲労骨折の頻度が高いのは新体操・体操、フィギュアスケートなどの「審美系」競技。

 

【編集部おすすめ記事】
スポーツ習慣によって改善可能な女性特有の8つの健康課題
【話題の人】カリスマ桃尻トレーナー「岡部友」さん 
スポーツ人口の推移(2019年)
女性のスポーツジム、選択基準は “Fun!”
スポーツ関連市場、2019年は「リカバリー」に期待 
「肥満でも健康」になる条件

新着ニュース