スポーツ習慣によって改善可能な女性特有の8つの健康課題(スポーツ庁)

今年3月にスポーツ庁は忙しい女性向けに「手軽にできるスポーツのすすめ~忙しい女性の方にむけて~」を公開した。その中で、スポーツ習慣によって改善可能な女性特有の健康課題として以下の8つをライフステージ別に挙げている。

  • 【思春期・若年期】適度な痩せによる骨量低下
  • 【思春期・若年期】20歳前後の体力と40~50年後の予後・疾患
  • 【思春期・若年期】筋力不足による低代謝
  • 【妊娠・出産期】コンチネンス(尿漏れなどの排泄障害)・骨盤臓器脱
  • 【更年期・高齢期】ロコモティブシンドローム
  • 【更年期・高齢期】フレイル
  • 【更年期・高齢期】メタボリックシンドローム
  • 【更年期・高齢期】サルコペニア

また、20~40代女性のスポーツ実施率が低い状況にあることについて、同レポートは「特にフルタイムで働く女性や子育て中の女性は、時間的制約の大きさと、加齢による健康不安がまだ顕在化していないことが要因となり、スポーツの実施意向が低いのでは」と指摘。グループインタビューでは以下のような声が多く挙がったという。

女性のスポーツニーズ

出典:スポーツ庁「手軽にできるスポーツのすすめ」

8つの健康課題に関する詳細解説はこちら。⇒【詳細】手軽にできるスポーツのすすめ~忙しい女性の方にむけて~(スポーツ庁)

 

【編集部おすすめ記事】
スポーツ人口の推移(2019年) 
「運動をする理由は何?」スポーツ庁調査結果 
男性よりも女性の行動者率が高いのはどんなスポーツ? 
2019年 女性の消費トレンド
ヘルスケアビジネスとは?市場規模と国の政策コンセプト
拡大する世界のモバイルヘルス市場 国内事例と参考情報 

新着ニュース