オリパラで目指せ「健康自己ベスト」、健康支援事業を認証”beyond2020マイベストプログラム”

内閣官房オリパラ事務局(※)は、生活者の健康を支援する事業や活動を認証する「beyond2020マイベストプログラム」の申請受付を2018年12月に開始した。2019年8月現在、コナミスポーツ、野村不動産ライフ&スポーツ、イオンリテール、RIZAP、ルネサンス、埼玉県教育委員会、桑名市など24の企業・団体などが認証されている。(※)内閣官房東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部事務局

東京オリンピック・パラリンピックの基本コンセプトには「全員が自己ベスト」「多様性と調和」「未来への継承」が掲げられている。内閣官房オリパラ事務局は「大会に参加するアスリートだけでなく、一人ひとりが大会をきっかけに、健康面での自己ベストを目指す」ことを提案しており、生活者の健康行動を継続するための工夫を取り入れている事業や活動を「beyond2020マイベストプログラム」として認証する。認証された事業・活動は、マイベストプログラムのロゴマークを使用できる。認証申請はメールから可。⇒【詳細】beyond2020マイベストプログラム(内閣官房オリパラ事務局)

 

【編集部おすすめ記事】
女性アスリートの三主徴をサポート 聖隷浜松病院が専門外来開設
女子キャンプの人気上昇で、ヘルスケアグッズが活躍中
ダイエットトレンドに変化  女性のニーズはどう変わった?
スポーツ習慣によって改善可能な女性特有の8つの健康課題
スポーツ人口の推移(2019年)
女性のスポーツジム、選択基準は “Fun!”

新着ニュース