世界の99.6%が失敗続き 認知症治す薬が開発されない背景

ウォールストリートジャーナルの記事によると、アルツハイマー病の薬の試験のうち99.6%が過去10年間で失敗しているという。超高齢社会が世界で最も早く進む日本だけではなく各国で治療薬が求められているが、今現在も治療法は確立されていない。ただ、打つ手が全くないのかといえばそういうことはなく、治療やケアにより進行の速度を遅くしたり、予防する方法は明らかになってきている。認知症の最大の原因といわれるアルツハイマー病、治す薬がなぜ開発されないのか、その背景を探る。⇒詳細「認知症を治す薬ができない理由」(YAHOO!ニュース 医療ジャーナリスト 市川衛)

編集部おすすめ記事
認知症予防に関する意識調査。2025年の認知症人口は700万人
認知機能低下は何歳から?1万人調査結果から分析
ビールがアルツハイマー病を予防 キリン世界初の確認
シニアの恋愛事情「認知症ぎみだった女性が恋をして生き生き」
シニアの理解に役立つ「介護サービス統計データ集2017」
シニア女性マーケティングの参考になるデータが豊富!(ヘルスケア関連白書更新)

女性生活者の調査レポート