認知症のスタッフ「注文をまちがえる料理店」支援集まり9月オープン

「注文をまちがえる料理店」は、その名の通り、オーダーや配膳を時々まちがえてしまうレストランです。なぜなら、ホールで働くスタッフは全員認知症の方だからです。

「認知症の方と作る「注文をまちがえる料理店」広がれてへぺろの輪」は、クラウドファンディングReadyforにて、目標金額8,000,000円を超える12,910,000円の支援が集まり、プロジェクト成立となった。

「注文をまちがえる料理店」は、今年6月にプレオープンイベントを開催し、話題となった。当日の動画はこちら。ホールで働くスタッフの方々は全員認知症だが、笑顔で楽しそうに働く姿が印象的だ。同店は「世界アルツハイマーデー」がある9月、東京・六本木で「注文をまちがえる料理店」のイベントを開催する。開催は9月16日(土)〜9月18日。

【編集部おすすめ記事】
シニアの恋愛事情「認知症ぎみだった女性が恋をして生き生き」
世界の99.6%が失敗続き 認知症治す薬が開発されない背景
自分ゴト化しにくい? 認知症に関心あるが備えなし
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

女性生活者の調査レポート