女性注目キーワード「作り置き」今後求められるコンセプトは?

料理に「時短」を求める女性が増えている今、作り置きをテーマにしたレシピ本が人気を集めている。レシピサイトのクックパットには「作り置きのレシピ」が約26,000(2017年7月12日時点)ほど投稿されており、作り置きレシピを紹介する女性誌も多い。また、プロの料理家ではなく、主婦やインスタグラマーなど一般女性のレシピが支持され書籍化されている点も最近の特徴だ。今話題を集めている人気の作り置きレシピ本をチェックしてみよう。

冷凍、節約がコンセプトの作り置き 著者は人気料理ブロガー

作り置きのカリスマ主婦としてテレビ出演もしている人気料理ブロガー「ゆーママ」によるレシピ本。作り置きシリーズ第1弾は冷凍をテーマにしたレシピで6万部を突破。今年4月に発売された第2弾は節約をコンセプトにしている。夫、子供3人、両親の7人暮らしで、結婚当初から食費節約術を実践しているとだけあり、「節約レシピ」には説得力がある。他、カフェレシピなどゆーママのレシピ本は全5冊。


ゆーママの簡単! 節約作りおき (扶桑社ムック)

仕事と育児を両立、平日に楽するための作り置き 著者は働くママ

シリーズ累計92万部のベストセラー「つくおき」は、週末に平日分の食事を作り置きできるレシピや作り置きのコツを紹介している。著者はIT関連の仕事をこなしながら育児に取り組む働く女性で、「平日の食事を楽にする」というコンセプトは働く女性ならではだ。「仕事のせいで料理をおろそかにしたくない」「仕事と育児の両立は大変だけど、家族にきちんと手作りの料理を食べさせたい」と考える働くママたちの共感を得ていると言えるだろう。書籍化のきっかけとなった、著者が運営する大人気ブログ「レシピサイトつくおき」では、調理時間や日持ちできる日数からレシピを検索することもできる。

つくおき3 時短、かんたん、パターンいろいろ (美人時間ブック)

 

新しい作り置きのスタイル「味付け冷凍」を提案

アマゾン「お弁当の本」のカテゴリーでベストセラー第1位(2017年7月12日時点)の「長期保存OK!いろんな料理に使える!味付け冷凍レシピ」は、「味付け冷凍」を提案。保存袋に肉や魚介類など主材料と調味料を入れて冷凍し、食べたい時は凍ったまま調理できるという新しい作り置きのスタイルだ。さらに、味付け冷凍1品につき2〜4種のレシピも紹介されており、楽しめる味の幅が広いのも嬉しい。冷凍保存で作り置きできる点はもちろん、メニューを考える時間を短縮できる点も、忙しい女性にとってありがたい。


長期保存OK! いろんな料理に使える! 味つけ冷凍レシピ (エイムック 3401)

 

見た目華やか 人気インスタグラマーたちの作り置き

「わたしたちの『作り置き』〜人気インスタグラマーのほめられレシピ&ラクするワザ〜」は、インスタグラムで「いいね!」が5,000件以上ついたレシピなど20人の人気インスタグラマーの作り置きレシピやコツを紹介。彼女たちが実践する節約や時短のヒントも参考になる。作り置きというと何となく地味な仕上がりをイメージするが、人気インスタグラマーが投稿している写真ということで、どれも彩り豊かで見た目も華やかだ。


わたしたちの「作り置き」 ~人気インスタグラマーのほめられレシピ&ラクするワザ~

 

これから求められる「作り置きレシピ」は?

作り置きしたい理由の多くが「時短」や「楽に料理をしたい」だが、「楽できれば食べるものは何でも良い」というわけではない。栄養面も気になるし、家族には手作りをきちんと食べさせたいという思いもある。節約だってしたい。「楽はしたいけど、レトルト食品や調理済み食品には頼り続けたくない」そんな気持ちから、女性たちが最適だと考える「楽な料理」が「作り置き」なのだ。

そんなニーズが高まり、今、作り置きレシピはこれまで以上に注目を集めている。節約、冷凍、働くママのための作り置き、ダイエットなど、様々な切り口でまとめられた作り置きレシピが登場しているが、これから求められるのはもう少し目的が細分化された作り置きレシピだろう。例えば、「減塩食」「糖質制限食」「低タンパク食」「低脂肪食」「食物アレルギー対応食」「ミネラル食」「鉄分食」など、健康面や栄養面にフォーカスしたものだ。体の不調や病気で食事制限が必要な人や、子供のアレルギー対応食を必要とするママたちは多い。「目的別健康食の作り置きレシピ」があれば、「待ってました!」と喜ぶ人は間違いなく大勢いるだろう。毎日毎食レシピを考えて作り続けるのは、思っている以上にしんどいのだから。

 

【編集部おすすめ記事】
ママたち感無量 「やさしごはん」の魅力
発売2年半たっても大人気「やせおかシリーズ」 アラフィフ女性に人気
時短料理に人気の冷凍食品 今後求める商品は?
女性ニーズ高いレトルト食品 必要な配慮は「栄養バランス、添加物減らす」
ママ世代マーケティングの参考になるデータが豊富!(ヘルスケア関連白書更新)
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ