飲む美容液「ボーンブロス」 話題集めるも難点あり

ヘルスケア意識が高いニューヨーカーの間で “飲む美容液” として人気のボーンブロスは、鶏、牛、豚、魚などの骨や野菜を煮込んた出汁スープ。美肌、腸の健康、体質改善、ダイエットなどの点から注目されている。

Googleトレンド「ボーンブロス」

Googleトレンド「ボーンブロス」

#ボーンブロス 国内人気は一時的?

国内では今年初めに一時的に大きな話題を集めたが、現在はInstagramでの「#ボーンブロス」投稿は6,952件(2018年10月26日現在)、クックパッドへのレシピ投稿は25件ほどと、爆発的に人気が広まっている様子は見られない。

 

View this post on Instagram

 

Forecast reads 54F *reaches for turtleneck and bone broth*

Smile To Goさん(@smiletogonyc)がシェアした投稿 –

難点は「気軽に作れないこと」

ボーンブロスは健康食品としてさまざまな効果を期待できると注目されており、実際に病気を患っている人や不定愁訴に長年悩んでいる人、子どもの不調改善をしたい人などが健康を目的にボーンブロスを手作りし、ブログに投稿している。

このように美容面でも健康面でも注目している女性たちがいるのだが、スムージーのように爆発的なブームを巻き起こしていないのは気軽に作れないからだ。ボーンブロスを作りたくても食材(とりわけ”骨”)の調達は容易ではなく、さらに6~8時間という長い時間をかけて煮込まなくてはいけない。忙しい女性にとって「気軽な健康食」とは言えずハードルが高いのだ。圧力鍋を使って時短で30分煮込む方法もあるが、圧力鍋を使うのが苦手だったり利用を好まない主婦も多い。そもそも単身女性の場合、圧力鍋を持っていないケースも。

米国のサプリメントブランド「Now Foods」など粉末タイプのボーンブロスを通販で入手し手軽に摂取することもできるが、ヘルスケア意識が高いタイプの女性にとって「海外製の粉末タイプ」は、いささか気が引ける。ボーンブロスの需要を高めるには、手軽さと安心がカギとなりそうだ。国内では以下の商品が登場している。

ミート工房拓味(牛の生産・加工・販売会社)

 

View this post on Instagram

 

* ひっそりこっそりと… 新商品が続々と出来上がっております◎ 一部ですが、ネットショップでも販売中です! #newrelease#新商品 * 【ボーンブロス】 牛骨、牛肉、香味野菜などコトコト数日かけて煮込み、丁寧に灰汁と余分な脂を取り除き、 ごく少量の塩のみで味付けしたスープです! 忙しい朝の一杯に◎ 小腹がすいた時のおやつ代わりに◎ 是非アツアツでお飲みください☕️ 体の中からポカポカ温まりますよー! #モーニングボーンブロス #都萬牛の旨みが凝縮された一杯 #ボーンブロス #コラーゲン 2枚目は友人に作ってもらった都萬牛🐃の名前入り瓢箪ランプです!優しい灯りで癒されます✴︎ #瓢箪ランプ

都萬牛さん(@tomangyu_miyazaki)がシェアした投稿 –

ドクター斎藤の牧草牛専門精肉店

ナチュラルローソン

伊勢丹

 

View this post on Instagram

 

伊勢丹でSaito Farmの牧草牛が売られる日が来るとは!!!伊勢丹新宿店の地下1階、10月16日(火)までの期間限定です。 Saito Farmの「国産仔牛のボーンブロス�」が飲めるカウンターもあります♫ 私はターメリックをトッピングしてもらいました。でも、間違いないのは生姜のトッピングでしょう! ふっふっふ、明日の朝はお肌プルプルになれるかな〜?←んもう乾燥の季節に入り、お肌パサパサ、疲れ果ててますw #Saitofarm #伊勢丹 #伊勢丹新宿店 #牧草牛 #ステーキ #ボーンブロス #グラスフェッドビーフ #北里八雲牛 #小島商店

蓮見則子さん(@noriko53hasumi)がシェアした投稿 –


【編集部おすすめ記事】

家庭内の新調理トレンド「ヘルスパフォーマンス」
糖質とカロリーどちらを気にして商品購入する?
マー活ブームで “しびれ系” 商品続々
ミドリムシ大活躍 ”世界の山ちゃん” サワー5万杯達成
じわり脚光浴びる注目成分 イヌリン
グルテンフリーに続く米国で話題の食事法 「レクチンフリー」

一緒に読まれている記事