女性がリピート購入する4つの化粧水に共通すること

(2015年11月の記事を更新)
働く女性(F1層)がリピート購入する人気コスメ4選は「肌ラボ極潤シリーズ」「無印良品」「オルビス」「雪肌精」だったことが、マイナビウーマンが実施したアンケートで分かった(参照:マイナビウーマン 2015 働く女性がリピート買いしている優秀コスメ4選!)

人気コスメ4商品

1.肌ラボ極潤シリーズ

2.無印良品

3.オルビス

 

4.雪肌精

人気の理由は安くて品質が良い&大容量

雪肌精をのぞいた3つのコスメは、安価で品質が高い点が人気だ。肌ラボシリーズは保湿力があり、翌朝起きて洗顔しても「ヌメっ」とした潤いが残っていることに満足感を感じる女性が多い。無印良品は特に「ホホバオイル」が@コスメでランキング1位を獲得するなど、定番の人気商品。オルビスは100%オイルカットスキンケアが人気の理由だ。

美肌メソッド系の書籍や雑誌、人気モデルの美容法などでは「高い化粧水をちびちび使うよりも、安い化粧水をたっぷりと毎日使う方が効果が高い!」と紹介されることが多く、多くの女性に「お金をかけなくてもキレイになれる!」という勇気を与える。

雪肌精に関しては、他3商品と比べると安くはないが、500mlと大容量タイプが人気(化粧水としては大きいサイズだ)。化粧水はたっぷり使いたいから、安い・あるいは大容量の化粧水はリピート購入されやすい。その分美容液やアイクリーム、クレイパックなど「エスペッシャリー」なアイテムには安さよりも「値段が高くても高品質なもの」が重視される。

情報の届け方次第で消費者の購買行動を変えられる

美容クリニックの医師を中心に「化粧水のつけすぎはかえって肌力を下げて潤いを遠ざける」という情報も広がっているため、「たくさん化粧水をつけることが良いわけではないないなら、高価格帯高品質の美容液を少しずつ使うのと同じように、高い化粧水を少しずつ使ってスキンケア」というスタイルも広がってくるかもしれない。実際、ネット上の質問サイトには「乾燥の原因は化粧水のつけすぎのせいでしょうか?」「化粧水のつけすぎが悪いというのは本当ですか?」という内容の投稿も増えている。

結局は、情報の届け方次第で消費者の購買行動を変えることができるが、消費者の節約志向がまだまだ続く今後も、やはり「安くて品質が良い」「大容量」の化粧水は人気コスメの必須条件だろう。

【編集部おすすめ記事】
2016年化粧品市場規模2兆円から考える、女性の心を掴む戦略
スキンケアの新定番、肌に潜む「皮膚常在菌」化粧品に商機
マンダム「頭皮に化粧水」は、若者の「商品への抵抗」を解決した商品
ちふれのCM、他社化粧品ブランドとの差別化が明確
女性から高評価!化粧品メーカーは「フタの変更」を検討してみよう
【閲覧注意】眼球タトゥーが海外で人気 目の異常の症例報告も

一緒に読まれている記事