30代~70代女性の健康の悩みランキングTOP10

(記事公開2016年2月,最終更新2017年3月)
30歳以上の女性1万人を対象とした大規模調査で、各年代の女性が健康に関してどのような悩みを持っているのかがわかった電通九州調べ「通信販売利用実態調査」2016

30~70代女性の健康の悩みランキング10

  • 第 1位 肩凝り・腰痛がある(21.0%)
  • 第2位 太り気味(17.8%)
  • 第3位 視力の衰え・目がかすむ(14.9%)
  • 第4位 なかなか疲れが抜けない(14.5%)
  • 第5位 基礎代謝・新陳代謝が悪い(13.6%)
  • 第6位 内臓・皮下脂肪が多い(12.5%)
  • 第7位 便秘ぎみ(10.3%)
  • 第8位 足がむくむ(9.3%)
  • 第9位 頭痛がよくある(9.2%)
  • 第10位 寝つきが悪い・不眠ぎみ(8.8%)
女性の健康悩みランキング

画像:株式会社電通九州「通信販売利用実態調査」2016

年齢別健康の悩みランキングトップ3

調査では、年齢別でも悩みをランキング化。30〜70代まで、各年齢の上位3項目を見てみよう。年齢によって悩みが異なることがわかる。

30代

1位 肩こり・腰痛がある (24.7%)
2位 太り気味 (23.7%)
3位 しみ・そばかす(22.4%)

40代

1位 肩こり・腰痛がある(23.2%)
2位 しみ・そばかす(22.8%)
3位 太り気味(20.4%)

50代

1位 肩こり・腰痛がある(20.1%)
2位 視力の衰え、目がかすむ(19.7%)
3位 しみ・そばかす(17.3%)

60代

1位 肩こり・腰痛がある(15.1%)
2位 視力の衰え、目がかすむ(12.8%)
3位 コレステロール値が高い(9.9%)

70代

1位 肩こり・腰痛がある(14.7%)
2位 視力の衰え、目がかすむ(12.9%)
3位 コレステロール値が高い(12.8%)

年代により悩みが異なる点に注目。ランキングから見えた3つの特徴

1.年齢問わず、「肩凝り・腰痛」は一番の悩み

唯一、全年代でランキングが変わらなかったのが「肩凝り・腰痛」。女性は男性と比べて肩凝りが多いと言われているが、その理由は男性よりも筋肉量が少ないこと、冷えによる血流悪化、バストの重みによる肩への負担。それに加えて、パソコンやスマホを操作する時間が長い若い世代は、ストレートネックにより肩周辺への負担が増す。

2.ダイエットへの関心が高いのは40代まで

「女性=ダイエット」というイメージが強いが、ダイエットを強く意識しているのは40代まで、と言えそうだ。50代以降はトップ3に入っていない。理由の一つは、更年期症状により体の不調が増え、ダイエットが優先事項にならなくなること。更年期症状が現れるのは、平均して50歳を挟む前後10年間。更年期に入ると、血糖値、コレステロール値、血圧が高くなるなどの変化が現れてくるため、美容意識による体重コントロールよりも、健康意識による体重コントロールや、各検査結果の数値をコントロールすることへ意識が向くようになる。

3.しみやそばかすへの関心が高いのは50代まで

見た目年齢を左右するしみ・そばかすは全年齢の女性にとって気になる項目だが、60代以上になると優先事項に変化が現れ、しみ・そばかすよりも「肩凝り・腰痛」「視力の衰え・目のかすみ」「コレステロール値」が気になってくる。ダイエットに対する意識の変化と同様に、加齢とともに美容意識よりも健康意識が高くなる、という女性の気持ちの変化が見えてくる。

「女性は何歳になってもキレイでいたいと考えるものだ」と一般的に思われているが、だからと言って女性を一括りに捉えることはできない。気にしていることや悩みが全年代で共通していても、加齢による体の変化により「優先事項が変わってくる」ということに注意したい。

<関連記事>
30~70代女性に響く「健康・美容」のキーワード

 

<編集部おすすめ記事>
50~70代女性の「自分のニオイ悩み」を理解しよう
東京丸の内OL1000人に聞いたカラダの悩みTOP5
30~70代女性に響く「健康・美容」のキーワード
30代~70代女性に人気の健康食品の原料・成分ランキングTOP5
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事