女性は商品選びに迷ったら、何の情報を参考にする?

商品を選ぶ際、最も参考にする人が多いのは「SNSや口コミサイトの情報」という予想通りの結果になったと同時に「店舗でのアドバイス」「店頭のPOP」も参考にしているということも分かった(メルメディア調べ 20~50代女性365名対象)

画像引用元:メルメディア

画像引用元:メルメディア

今や商品の売れ行きを左右するのはネット上の口コミであるとの認識が一般的だが、かといって販売側(店舗・販売員)の言葉を一切聞かないかといったらそういう訳でもない。POPで惹きつけられることも多いし、あるいは困ったときに(過剰接客にならないように気を付けよう)販売員のアドバイスで購入を決定することもやはり多い。店頭アドバイスや店内POPに力を入れていない場合はぜひ「悩める女性客」を惹きつける内容にブラッシュアップしてみよう。

ちなみに、POPの言葉・惹きつけ力・消費行動促進が上手いのは大型家電量販店だ。意識して店内を見渡してみると、POPの多さに驚くと同時に、「お客はPOPを見て店内の動きを決定している(自然誘導されている)ものだ」ということに改めて気づかされる。家電量販店のPOPには学びが多いので、ぜひ参考にしてみてはいかがだろう。

女性客を惹きつけやすいPOPの共通項は以下。併せて参考にどうぞ!

  • (各企業のブランドカラーによって異なるが)女性誌的なイラスト風手書き
  • 販売員の声や利用者の口コミを分かりやすく記載
  • 使い方ノウハウ(スーパーならレシピ)を記載
  • 思わず笑ってしまう、または納得してしまうキャッチフレーズ
  • 年齢により異なる心身の悩み・情報を簡易的に説明している
  • 類似商品に関してはそれぞれの違いを簡潔に比較説明している

 

関連記事
■花王の人気商品「めぐりズム」を超えた!大人気のベネクスのアイマスク
■売れない商品を売るための、クロスジェンダー化戦略
■2016年夏「ひんやり」市場は活況!商品例10選

一緒に読まれている記事