白髪に憧れる女性75%?エイジングは「ありのままを受容する」流れに

男性の白髪はダンディで色気がある「ロマンスグレイ」とポジティブに表現されるが、女性の白髪は1本でも生えようものなら「年取ったね」「いよいよおばさんか…」と、深いため息もの。実に不平等だ(男性の場合はシワすら「ダンディ!」とプラスに評価されるのだから、女性からすればうらやましい限りである)。そのため多くの女性にとって白髪は、染める以外に解決方法がない大きな悩みの一つでもあるが、髪の毛全体が白・グレイになる自然色の「グレイヘア」に憧れる女性は実は多いことが分かった。最近のエイジングケアは「ありのままの美しさを受容する」流れになってきている。

<合わせて読みたい記事>
「白髪」とは言わせない シニア女性のおしゃれの象徴に

グレイヘアに憧れる女性は75.3%も!

「美しいグレイヘア(白髪)に憧れますか?」というアンケートでは75.3%の女性がYESと回答した。(主婦の友社調べ「白髪(グレイヘア)と白髪染めに関するアンケート」2016)理由は以下。

画像引用元:主婦の友

画像:主婦の友

30~40代のうちに生える数本の白髪は老け感を出してしまうだけのただの厄介者だが、50代以上にもなってくると、まとまった白髪=グレイヘアもオシャレでかっこいいヘアスタイルの一つになる、ということだろう。

年齢を重ねることを隠さず、ポジティブに受け止める

以前取り上げた記事、「SNS話題1位!『年齢を重ねることを隠さない』女性の支持獲得」で登場した女性は52歳で白髪染めをしておらず、彼女もまたグレイヘアだ。年齢を重ねることをあえて隠さない、という彼女の生き方に多くの女性が共感した。

以前までの、「年齢を重ねても美しくいるために高級化粧品を使う、エステに通う、整形をする、クリニックへ通う」といった流れから(美魔女ブームがその典型だろう)、最近は「年齢を重ねても自然に、そのままの美しさを」という流れに変化してきている。ロハス、エフォートレス、個人主義といった風潮も影響しているのだろう。

エイジングケアを提案するよりも、「ありのままでも美しいですよね」を提案する

企業は、「年齢を重ねることをマイナスと捉え、エイジングケア方法をあれこれと提案」するよりも、「ありのままの美しさを引き出す!という発想」の戦略に切り替えるタイミングかもしれない。もちろん徹底したエイジングケアを求める女性も多いので、従来通りのエイジングケア訴求も残しておくべきだが、たまには彼女たちに「ありのままでも美しいですよ」と息抜きや安堵を提供するようなメッセージを送ってみよう。

同アンケート調査を行った主婦の友社の「歳を重ねて、もっと素敵になれる!」のシリーズは累計13万部突破の人気書籍。シニア向け写真集としては異例のヒットだ。2016年9月19日(月)に「染めないを選んだ37人の『私らしい』軽やかな人生」を発売する。パリマダムのおしゃれなグレイヘアスタイルが紹介されている。

画像引用元:主婦の友

画像:主婦の友

関連記事
■「アンチエイジング」嫌う女性たち 次の共通語は?
■市販の白髪染めの不満TOP4 白髪対策、女性の不満は払拭されないまま
■371週連続、楽天ランクインの大人気!白髪ケア商品
■世界中が注目 ギネス認定の世界最高齢モデルは88歳
■企業が取り入れるべきシニア女性の心を掴むマーケティングとは?
■シニア女性の顔の悩みとは?シニアの心を掴む資生堂のデザイン
■シニアの心を掴むなら、年金受給者「生活費内訳」を把握すべし

一緒に読まれている記事